メイン » 中毒 » ストレス管理のためのジャーナリングの利点

ストレス管理のためのジャーナリングの利点

中毒 : ストレス管理のためのジャーナリングの利点
ジャーナリングは一般に、あなたの人生の出来事を取り巻く考えや感情を探る日記や日記をつける練習を伴います。 これを行うにはいくつかの異なる方法があります。 ストレス管理および自己探求ツールとしてのジャーナリングは、一貫して行うと最も効果的に機能しますが、感謝や感情的な処理に焦点を当てている場合、時折散発的なジャーナリングでもストレス解消になります。

ジャーナリングでストレスを軽減する最も効果的な方法の1つは、ストレスの多い出来事に関連する感情や考えについて詳しく書くことです。治療のトピックやブレインストーミングソリューションについて議論するように、ジャーナリングを実践する方法はいくつかあります。 どの方法を選択するかは、その時点でのニーズと性格によって異なります。 ちょうどいいと思うことをしてください。

ジャーナリングの利点

ジャーナリングにより、人々は自分の考えや感情を明確にし、それによって貴重な自己知識を得ることができます。 また、これは優れた問題解決ツールです。 多くの場合、問題をハッシュ化し、紙でより簡単に解決策を見つけることができます。

外傷性イベントに関するジャーナリングは、関与する感情を完全に調査して解放し、プロセスに脳の両方の半球を関与させることにより、それらを処理するのに役立ちます。 ジャーナリングは、感謝ジャーナリングや偶然のジャーナリングの場合のように、より頻繁に集中したいあなたの人生の領域に集中するのにも役立ちます。

ジャーナリングの健康上の利点については、科学的に証明されています。 調査では次のことが示されています。

  • ジャーナリングは、喘息、関節炎、その他の健康状態の症状を軽減します。
  • 認知機能を改善します。
  • 免疫システムを強化し、多くの病気を防ぎます。
  • それは、ストレスの多くの悪影響を打ち消します。

ジャーナリングの欠点」>

学習障害のある人は、書くこと自体に対処するのが難しいと感じるかもしれません。 完璧主義者は、仕事の読みやすさ、習字、または他の周辺要因に非常に関心があるため、アクセスしようとしている思考や感情に集中することはできません。

他の人は手が疲れたり、ネガティブな体験を思い出したがらない場合があります。 そして、考えや計画を取り入れずに自分の否定的な感情だけをジャーナリングすることは、実際により多くのストレスを引き起こすかもしれません。 (これに対抗する簡単な方法は、あなたの問題の潜在的な解決策、あなたの人生で感謝すること、またはあなたが人生に希望を与えることについてのいくつかの言葉でジャーナリングセッションを終了することです。)

ジャーナリングは他のストレス管理プラクティスとどのように比較されますか?

ヨガや運動などのより多くの身体的ストレス管理技術とは異なり、ジャーナリングは障害者にとって実行可能なオプションです。 また、コンピューターの使用を好む人もいますが、ジャーナリングにはペンと紙しか必要ないため、バイオフィードバックやヨガなど、クラス、本、教師、セラピストの助けを必要とする技術よりも安価です。

ただし、ジャーナリングは、漸進的な筋肉弛緩、ガイド付き画像、その他の身体的および瞑想的なテクニックのように、身体から緊張を解放しません。 しかし、それは全体的なストレス軽減だけでなく、自己認識と感情的な癒しのための素晴らしいプラクティスです。

試すジャーナリング戦略

ジャーナリングは、ストレスを軽減するための非常に効果的なツールであり、いくつかの形式をとることができます。そのため、複数の選択肢があります。 お気に入りのジャーナリング習慣がすでにある場合は、ぜひともそれを続けてください! しかし、あなたはそれに加えて新しい何かを試してみたいかもしれません。 ジャーナリングを初めて使用する場合は、いくつかの方法を試してみてください。 あなたに最適なものをご覧ください。

  • 感謝の日記:感謝の日ごとに3つ以上の側面を記載した感謝の日記を毎日作成している人もいます。 これは、ストレスを緩和するための非常に効果的な戦略です。これは、すでにあなたが持っているリソースに集中し、現時点でよりポジティブなムードを作り出すのに役立ちます。どちらも長期的な回復力を構築することが示されています ボーナスの利点は、あなたが一日を通して起こった多くの素晴らしい出来事の記録が残っていることです。そのため、将来気分が落ち込んでいる場合は、持っているもののリマインダーを数ページで元気づけることができます人生に感謝する。
  • 感情的な解放:ストレスに対処する方法として、1日を通して起こった出来事に対する感情的な反応について書くこともできます。 これは、あなたが感じていることを処理するのに役立ち、おそらくより積極的なリフレーミングオプションを探ることさえできます。 ポジティブな経験について書くとき、これはあなたが一日に起こった良いことに対してあなたが持つかもしれないポジティブな感情を最大化し、味わう能力を可能にします。 これはまた、ストレス管理の重要な側面であるポジティブな比率を増加させ、あなたの人生で起こるポジティブなものを拡大し、ネガティブなものを管理する素晴らしい方法です。
  • Bullet JournalまたはPersonal Planning Journal :一部の人々は、毎日何をする必要があるか、彼らが持っている目標、彼らが作成した記憶、および他の忘れたくないことを追跡するために単にジャーナルを保持します。 物事を書き留めることは、あなたの心を整頓し、あなたにとって何が重要かを思い出すのに役立つので、これはストレスを軽減することもできます。 より組織化され、バランスが取れていることは、ストレスを軽減するための素晴らしい方法です。

また、ジャーナリングで定期的なスケジュールを守っていないことがわかった場合は、いつでも再開できる習慣であることを忘れないでください。 毎日ジャーナルを作成する必要はありません。1週間に数回は非常に有益であり、必要に応じてジャーナリングを行うことでもメリットがあります。 ジャーナリングの習慣があり、人生が妨げられたためにやめた場合は、覚えておいてください。いつでも習慣に戻るのに良い日です!

推奨されます
コメントを残します