メイン » 中毒 » 怒りとストレスを管理する方法

怒りとストレスを管理する方法

中毒 : 怒りとストレスを管理する方法
怒り管理とストレス管理は同様の方法で機能します。 この理由の1つは、怒りとストレスの両方に心理的な要素があるため、心理的に管理できるからです。 両方の感情は、主に管理されないままになっている場合、非常に否定的な方法で私たちに影響を与える可能性があり、それが彼らの関係を理解することが不可欠である理由です。

怒りやストレスに長時間さらされると、身体の健康を損なう可能性があります。 血圧を上昇させ、身体的および感情的に影響する他の問題を引き起こします。 それは私たちの関係にも悪影響を与える可能性があります。 それを超えて、私たちはまた、時間をかけてコントロールすることがより難しくなる過度のレベルの怒りとストレスへの反応として否定的な習慣を発達させることができます。 これらの効果のいずれかは、より多くの不安をもたらす可能性があります。

ストレスと怒りの悪影響の管理を開始するには、これらの感情が私たちの生活にどのように影響するかを調べる必要があります。 ストレスは怒りにつながり、それがさらにストレスにつながります。 どちらの感覚も健康ではありませんが、それらを排除しようとすべきではありません。 代わりに、前向きな対処戦略を学習することで、それらを制御しようとする必要があります。

知覚は怒りとストレスに影響します

特定のイベントは、多くの人々の怒りやストレスを引き起こす可能性があります。 経験する怒りやストレスの程度は、人が自分に何が起きているのかをどのように認識して解釈するかに関係しています。

たとえば、2人の交通が遮断されることがあります。 ある人は、ジェスチャーを敬意の欠如、身体の安全に対する脅威、または敵対的なジェスチャーと解釈するかもしれません。 この状況は彼らを怒らせます。 別の人は、問題のあるドライバーがそれらを見ていないか、自分の考えに縛られている可能性があると考え、イベントを後回しにします。

どちらの場合も、刺激、信念、反応がありました。 刺激の見方、または解釈は、さまざまな反応につながったものです。

一部の人々は怒りやストレスに陥りやすい

一部の人々は、生まれつきの性格特性を持っているため、怒りやストレスの影響を受けやすくなっています。 これらの傾向のいくつかは人生の早い段階で見られますが、これらの傾向は緩和することができます。

  • 一部の人々は、当然、他の人々よりも注意深いです。 この特性は、彼らを怒らせる可能性のあるもの、他の誰かに気付かれない可能性のあるものに彼らが気づきやすくします。
  • 一部の人々は自然に変化に慣れていないため、特定の状況でストレスや怒りを引き起こすこともあります。
  • 他の人はフラストレーションに対する許容度が低く、他の人よりも怒りやすくなります。

態度は怒りとストレスを引き起こす

私たちの習慣的な思考パターンは、実践によって多少変更される可能性があり、怒りやストレスの経験に寄与します。

一部の人々は、物事を習慣の問題として否定的に解釈する傾向があります。 たとえば、他人のエラーを悪意のある動機や不親切な動機に起因する場合があります。 彼らはより多くの否定的な出来事が来るという兆候として一つの否定的な出来事をとることがあり、それは怒りとストレスに寄与する可能性があります。

重要なのは、怒りとストレスの対処方法です

怒りとストレスは自然な経験です。 条件に対処する方法は、健康的な生活と不健康な生活の違いを生むことができます。

たとえば、ストレスがあると、ストレスの多いイベントの発生を常に防止できるとは限りません。 ただし、呼吸法、ジャーナリング、またはその他のストレス管理技術によってストレスを管理することで、ストレスの影響を中和することができます。

怒りの発生を常に防ぐことはできませんが、怒りを健康的な方法で解決できるため、怒りは問題になりません。 たとえば、気持ちがまだ管理しやすいときに敬意を表して私たちの感情を表現することで、彼らが雪だるま式になって怒りや圧倒されているという気持ちにならないようにすることができます。 他の選択肢は、怒りを「詰め込み」、ネガティブで不健康な方法で表現することです。 それが怒りが問題になるときです。

推奨されます
コメントを残します