メイン » 中毒 » 行動抑制と社会不安の間のリンク

行動抑制と社会不安の間のリンク

中毒 : 行動抑制と社会不安の間のリンク
行動抑制特性は、新しい、または奇妙な状況や環境での恐怖、内気、または引きこもりなどの子供の行動を調べることにより、不安を発症する可能性を判断するために使用されます。

行動抑制と、その後の不安を予測するための信頼性に関する研究はまだ初期段階ですが、これまでに完了した研究は、これが早期治療を可能にする重要な指標となりうることを示唆しています。 社会的不安は、深刻な悪影響を伴う圧倒的な精神疾患である可能性があります。 早期の特定と介入は、生活の質を改善し、うつ病などの他の状態を防ぐために重要です。

社会不安の発症

科学者は社会不安障害(SAD)のような不安障害の特定の原因を特定していませんが、多くの人が生物学的、心理的、社会的要因に関連していると考えています。 多くの人は、助けを求めていないか、または不正確に診断されているため、適切な治療を受けずに何年も厳しい社会不安を経験しています。 未治療の不安は重度のうつ病や自殺行動さえも引き起こす可能性があるため、できるだけ早く助けを得ることが重要です。

多くの人にとって、社会不安は十代の若者たちから若い成人期に始まります。 幼い年齢の人々を特定し、効果的な治療選択肢の機会を与えることにより、社会的不安の重症度を最小限に抑えることができます。 行動障害は、不安障害の初期指標であり、適切な診断を得るために価値があるため、小児期の重要な側面です。

行動抑制と社会不安

研究の成長体は、幼年期の性格スタイルと後の社会不安の開発との関係を示しています。 行動抑制は、新しい状況で苦痛と緊張に向かう傾向を示す人格タイプです。 子どもの行動抑制には、なじみのない人の恥ずかしさや、新しい場所からの引きこもりが含まれます。

早期の行動抑制は、後で不安が生じることを保証するものではありません。 子供が年をとるにつれて、多くの人が新しい状況や新しい人々に、より合理的な方法で対応することを学びます。 しかし、他の人は生涯を通して大人になるまで不安な行動を見せ続けます。

いくつかの研究は、社会的不安を最小限に抑えるために行動抑制を減らす方法を検討し始めました。

  • 子どもの自立、自信、機知に富むような介護戦略は、後の行動抑制を克服するのに役立つかもしれません。
  • 子どもたちに新しい社会的状況や活動を体験させることは、子どもたちが自分の社会的スキルを身につけるのに役立ちます。
  • 必要のないときに助けを与えるなどの過保護な介護は、行動の抑制を高め、新しい状況で不安を強める可能性があります。

限られた研究では、子供が自信を持って不安にならないようにする最善の方法は、子供が自立し、自分で問題を解決する機会を与えることです。 これは、子供が社会的状況で他人に依存する必要のない基盤を構築し、後に社会的不安が発生する可能性を減らすことができます。

行動抑制と社会不安の研究を通して、セラピストは不安が悪化して日常の活動を抑制できる程度まで悪化するのを防ぐために、早期に介入することができます。

Verywellからの一言

あなたの子供が行動抑制を示している場合、これは社会不安障害の兆候である必要はありません。 ただし、子供の行動を監視して、悪化するかどうかを確認することが重要です。 親として、あなたが救助に飛び込む前に、あなたの子供に問題解決の機会をたくさん与えてください。 お子様の自信が高まるにつれて、行動の抑制が緩和されることに気付くかもしれません。

行動の抑制が時間の経過とともに減少するのではなく大きくなると思われる場合は、子供の行動について医師に相談することが役立つ場合があります。 その時点で、不安の評価が必要かどうか、および介入が適切かどうかについて話し合うことができます。 早期の介入は不安を管理するための鍵であるため、子供に診断が下されても落胆しないでください。 10代の間に問題をより管理しにくいものに成長する前に、早い段階で問題を特定することをお勧めします。

推奨されます
コメントを残します