メイン » 中毒 » 自尊心とは何ですか?

自尊心とは何ですか?

中毒 : 自尊心とは何ですか?
私たちは皆、時には自尊心や自尊心と呼ばれる自尊心が成功の重要な部分になることを知っています。 自尊心が少なすぎると、人々は敗北したり落ち込んだりすることがあります。 また、人々が悪い選択をしたり、破壊的な関係に陥ったり、潜在能力を十分に発揮できなかったりする可能性もあります。 自己陶酔的な人格障害に見られるような壮大な自尊心は、確かに他人に不快感を与えたり、個人的な関係を損なうことさえあります。

スペクトルの極端な高域と低域での自尊心のレベルは有害である可能性があるため、理想的には、中間のどこかでバランスを取るのが最善です。 自分の現実的でありながら肯定的な見方は、一般的に理想と考えられています。 しかし、自尊心とは何なのか」>

Verywell / Brianna Gilmartin

自尊心とは」

心理学では、自尊心という用語は、個人の全体的な自己価値または個人的価値観を表すために使用されます。 言い換えれば、あなたがどれほど感謝し、自分を好きであるか。

  • 自尊心は、しばしば性格特性と見なされます。つまり、それは安定して永続する傾向があることを意味します。
  • 自尊心には、あなた自身の外観、信念、感情、行動の評価など、あなた自身に関するさまざまな信念が含まれます。

自尊心が重要な理由

自尊心は、生涯を通じてあなたの動機付けと成功に重要な役割を果たすことができます。 自尊心が低いと、自分が成功できるとは思わないため、学校や職場での成功を妨げられる可能性があります。 対照的に、健全な自尊心を持つことは、ポジティブで断定的な態度で人生をナビゲートし、目標を達成できると信じているため、達成に役立ちます。

自尊心理論

多くの理論家が自尊心に関係する力学について書いています。 自尊心の必要性は、心理学者アブラハムマズローのニーズの階層において重要な役割を果たします。これは、自尊心を人間の基本的な動機の1つとして描いています。 。 個人が人間として成長し、自己実現を達成するには、これらの両方のニーズを満たす必要があります。

自尊心は、自己効力感とは異なる概念であり、将来の行動、パフォーマンス、または能力をどれだけうまく処理できると考えているかに注意することが重要です。

自尊心に影響を与える要因

ご想像のとおり、自尊心に影響を与える可能性のあるさまざまな要因があります。 全体的な人格を形成するのに役立つ遺伝的要因が役割を果たすことができますが、多くの場合、全体的な自尊心の基礎を形成するのは私たちの経験です。 たとえば、介護者、家族、友人から一貫して過度に批判的または否定的な評価を受けている人は、自尊心の低い問題を経験する可能性があります。

さらに、あなたの内的思考、年齢、潜在的な病気、障害、身体的制限、および仕事があなたの自尊心に影響を与える可能性があります。

健康的な自尊心の兆候

次の兆候を示している場合は、おそらく自分が誰であるかを十分に理解しているでしょう。

  • 信頼
  • ノーと言う能力
  • 前向きな見通し
  • 全体的な長所と短所を確認し、それらを受け入れる能力
  • 否定的な経験は全体的な見方に影響を与えません
  • ニーズを表現する能力

低自尊心の兆候

自尊心の悪いこれらの兆候のいずれかを示す場合、自分自身をどのように知覚するかに取り組む必要があるかもしれません。

  • 負の見通し
  • 自信の欠如
  • ニーズを表現できない
  • あなたの弱点に焦点を当てる
  • 過度の恥、抑うつ、または不安感
  • 他人はあなたよりも優れているという信念
  • 肯定的なフィードバックを受け入れることができない
  • 失敗に対する激しい恐怖
推奨されます
コメントを残します