メイン » 中毒 » 飲酒検査を拒否する前に2回考える必要がある理由

飲酒検査を拒否する前に2回考える必要がある理由

中毒 : 飲酒検査を拒否する前に2回考える必要がある理由
飲酒中に定期的にハンドルを握ると、いつか警察に止められます。 おそらく、道端での飲酒検査、飲酒検査、または血液検査または尿検査を受けるように求められます。 あなたの最初の反応は、自分自身を傷つけるようなことを何もしないことかもしれません。 結局のところ、これは米国です。 私たちは皆、自責に対する正しい修正第5条を持っています」

また、警察が呼気検査や血中アルコール検査を実施していない場合、法廷であなたが酔っていることを証明する証拠がないため、有罪判決を受けることは決してなく、あなたはすべてしなければならないことは、あなたがたった数杯の飲み物しか持っていないというあなたの物語に固執することです。 あなたは両方の点で間違っているでしょう。

黙示的同意法

あなたが見落としているかもしれない法的ポイントは、この国での運転は権利ではなく、特権であるという事実です。 その特権は、筆記試験や運転免許試験に合格するなど、特定の条件を満たした後に居住する州によって付与されます。

また、特定の規制や条件を順守することに同意しない限り、自動車を運転する特権も与えられません。 50州すべてで、これらの条件には「暗黙の同意」と呼ばれるものが含まれます。 最後に運転免許証を更新するために申請したときに気づかなかったかもしれませんが、あなたはあなたの州の暗黙の同意法を約束する契約に署名しました。 細かい活字で、そこにありました。

暗黙の同意の意味

通常、ほとんどの州では同意法が黙示されています。

  • 運転免許証と保険証を携帯し、法執行機関からの要請に応じてそれらを作成する。
  • 必要に応じて、血液、尿、および/または呼気検査に同​​意して、血中アルコール含有量を判定します。
  • 要求されたときに野外での飲酒テストを実行します。

州によっては、暗黙の同意条件が運転免許証自体の裏に印刷されています。

あなたはまだ飲酒テストを拒否することができます

黙示的同意法があなたの特定の州にあるかどうかに関係なく、あなたはあなたが運転している州の法の対象となります。

運転免許証を申請する際にこれらの条件に従うことに同意したとしても、飲酒試験を受けることを拒否できます。 ただし、どの州でも、飲酒運転で有罪判決を受けたかどうかに関係なく、そのようなテストへの提出を拒否すること自体が罰則を伴う違反です。

誰にとっても道路を安全に保つことは、私たちの法執行官の仕事です。 役員があなたが酔っており、自分自身と公衆に危険を感じている場合、彼はあなたが試験を受けることを拒否したという理由だけであなたを逮捕することができます。

拒否は即時免許停止を意味することができます

州によっては、運転免許証を申請したときにそのようなテストに提出するという書面による約束を破ったため、役員は運転免許証を刑事訴訟ではなく管理上の行為として直ちに没収することができます。

あなたはそれが二重危険に対するあなたの権利の侵害であり、同じ犯罪で二度罰せられると考えているかもしれません。 しかし、ほとんどの州では、運転免許の取得は、刑事裁判所の機能ではなく、自動車部門の管理機能として設定されています。

結局のところ、自動車局はそれらの運転特権をあなたに与えました、それはそれらを奪うことができます。 役員の飲酒検査のリクエストを拒否すると、逮捕されている州の法律に応じて、6か月から1年の間、免許が直ちに停止されます。 ライセンスを返還する前に、料金と罰金を支払う必要がある場合もあります。

罰金とペナルティの増加

繰り返しますが、テストの拒否に関連するライセンスの一時停止やその他の罰則に耐えることができると考えているかもしれませんが、DUIの有罪判決をすべての費用で回避する必要があるため、テストを受けることを拒否すると、裁判所。

それも正確ではありません。 裁判所は、あなたを引き渡す前と逮捕中の両方で、警官の観察に基づいて、影響下で運転したドライバーに有罪判決を下します。 彼がアルコールの匂いを嗅いでいる、あなたがあなたの言葉を不明瞭にしている、またはあなたの足元が不安定であるという彼の声明はすべて証拠と見なすことができます。

そして、今日のほとんどの警察巡洋艦にはダッシュカムが装備されていることを忘れないでください。 DUIの弁護士の多くは、逮捕中にクライアントのビデオを見た後、司法取引を交渉しようとすることをやめなければなりませんでした。

拒否ポリシー

飲酒運転の取り締まりでは、いくつかの州では現在、「No Refusal」戦略を開発しています。この戦略では、呼気検査を拒否したドライバーから血液サンプルを取得するための即時捜索令状を取得できます。

通常、休日の週末の周りの対象期間中、ジャッジはその場で捜査令状を発行し、デュープロセスの手続きを合理化します。 その結果、より有罪の嘆願と少ないDUIトライアルが行われました。

拒否自体は証拠です

一部の法域では、要求されたテストの受験を拒否したという事実自体が罪悪感の証拠です。 血中アルコール濃度検査への提出の拒否は、一部の州では裁判であなたに対して使用できる罪悪感の入場と見なされます。 すべての州で、テストを拒否した場合、最終的に有罪判決を受けた場合、最初にテストに提出した場合よりも罰則が厳しくなります。

結論として、飲酒テストを拒否すると、長期的にはより多くの費用がかかります。罰金と手数料が大きくなり、ライセンスの停止が長くなり、最初の違反でない場合は刑務所時間が長くなる可能性があります。 停止している場合は、先に進んでテストを受けてください。 知るか? カップルしかいない場合、合格するかもしれません。

推奨されます
コメントを残します